本文へジャンプ
English中文한글Português
サイトマップ音声読み上げ・文字拡大ご意見・ご要望
富山市
文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
 

法人番号:9000020162019        
  
ホーム市民の皆さま事業者の皆さま観光・みどころまちづくり・市政
現在位置:HOMEの中の富山市議会から「富山市空家等の適切な管理及び活用に関する条例」の制定

「富山市空家等の適切な管理及び活用に関する条例」の制定

お問い合わせ先
議会事務局議事調査課
電話番号  076-443-2158
gijityousa-01@city.toyama.lg.jp
組織別業務案内
ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?



 

委員会提出議案「富山市空家等の適切な管理及び活用に関する条例」を
平成29年3月定例会で可決し、制定しました

 本市が平成27年度に実施した空家基礎調査では、空き家であると思われる家屋は、5,736件ありました。今後、人口・世帯の減少や高齢化の進行に伴い、住宅の余剰は拡大し、空き家の数は増加していくものと考えられ、さらに空き家の増加により、適切に管理されていない空き家も増加するおそれがあると考えられます。

 また、国においては、適切な管理が行われていない空き家等が、防災、衛生、景観等の地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼしていることから、地域住民の生命、身体又は財産を保護するとともに、その生活環境の保全を図り、あわせて空家等の活用を促進するため、平成26年11月19日に「空家等対策の推進に関する特別措置法」が成立しました。

 一方、富山市議会では、平成26年3月に「空き家等対策特別委員会」を設置し、空き家等の適正管理及び利活用に係る調査・研究を行ってまいりました。

 平成28年度には、この空き家等対策特別委員会において特別措置法等の概要や先進他都市の状況について調査・研究を行う中で、市民の良好な生活環境を守るために、特別措置法に定められていない事柄を補完するなど、本市独自の条例を策定することとしました。

 条例は、市民からの意見募集などを経て、所有者等の責務の義務化、地域の自治組織や市民等の役割、所有者等に代わって措置を行う安全代行措置、市は空き家等対策を総合的に推進することに努めることなどを規定したものとなっており、その名称は、「富山市空家等の適切な管理及び活用に関する条例」とし、平成29年3月定例会において提案、可決の運びとなりました。

 本条例の施行により、地域や市民の方々の役割が明確になり、空き家等の対策には、全市を挙げて取り組まなければならない課題であるという本市の姿勢を示すことができるため、より効果的な施策の推進につながると考えております。

 

条例全文及び主な内容について

 富山市空家等の適切な管理及び活用に関する条例 (50kbyte)pdf

(主な内容)

  • 所有者等の責務
  • 地域の自治組織や市民等の役割
  • 所有者等に代わって措置を行う安全代行措置
  • 市は空き家等対策を総合的に推進することに努めること など
 【施行日】平成29年7月1日


Adobe Readerのダウンロード

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
「Get ADOBE READER」ボタンをクリックしてください。

              
印刷用にコンテンツを抽出
富山市役所 〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号 電話番号(076)431-6111(代)
【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)
前のページへ戻るページの先頭へ
プライバシーポリシーこのサイトについて窓口・受付時間地図・交通アクセスホームページに対するご感想など
立山あおぐ特等席。富山市Copyright(C) TOYAMA CITY All Rights Reserved