本文へジャンプ
富山市
 

法人番号:9000020162019

文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
現在位置:HOMEの中の電子申請・申請書ダウンロードの中の福祉の中の障害者福祉から軽度・中等度難聴児補聴器購入費等の補助について

軽度・中等度難聴児補聴器購入費等の補助について

お問い合わせ先
障害福祉課
電話番号  076-443-2207
shogaifukusi-01@city.toyama.lg.jp
組織別業務案内
ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?



 
平成27年7月1日から、「軽度・中等度難聴児補聴器購入費等補助事業」を新たに実施します。詳細については、下記のとおりとなります。

事業の趣旨及び目的

障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(以下「障害者総合支援法」という。)において、補装具の購入・修理の支給対象となっていない、軽度・中等度難聴児に対し、補聴器の購入(更新)費用の補助を行うものです。早期からの補聴器の装用を促すことで、言語の習得や社会性の向上を図ることを目的としています。

対象となる方

次の①から④の要件を全て満たす児童であること(世帯の所得制限あり)

①富山市内に住所を有すること

②18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にあること

③両耳の聴覚レベルが、原則として30デシベル以上70デシベル未満であり、障害者総合支援法の補装具費支                                                                     給の対象とならないこと(身体障害者手帳の交付対象外の児童)

※ただし、指定医師が装用の必要を認めた場合については、30デシベル未満の児童についても対象とします。

④補聴器の装用により、言語の習得等一定の効果が期待できると、意見書により指定医師が装用の必要性を認                               めた児童であること

〇世帯の所得制限について
・対象児の属する世帯構成員の中に、市民税の所得割が46万円以上課税されている者がいる時は、補助制度を利用できません。

〇指定医師について
・指定医師とは、特定の医療機関(富山県が実施する新生児聴覚検査事業における精密検査機関)に属する医師となります。詳しくは下記担当課へお問い合わせください。

補助対象及び補助額

①補助対象:補聴器の新規購入費用及び更新費用(更新の場合は、耐用年数の5年を経過していることが要件)

②補助額:補聴器購入(更新)費用として必要と認める額に3分の2を乗じた額(千円未満は切捨)

申請にあたっての注意事項

・購入(更新)後の申請は不可となります。
・補聴器の購入(更新)については指定販売店での取り扱いとなります。

※申請の流れ等も含め、詳しくは下記担当課へお問い合わせください。
 
お問い合せ本庁福祉保健部障害福祉課 電話番号 076-443-2056
大沢野行政サービスセンター地域福祉課 電話番号 076-467-5811
大山行政サービスセンター地域福祉課 電話番号 076-483-1214
八尾行政サービスセンター地域福祉課 電話番号 076-455-2461
婦中行政サービスセンター地域福祉課 電話番号 076-465-2114
Eメールshogaifukusi-01@city.toyama.lg.jp



印刷用にコンテンツを抽出

ページの先頭へ

前のページへ戻る

富山市役所

〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号

電話番号(076)431-6111(代)

【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)

立山あおぐ特等席。富山市