本文へジャンプ

アニサキスによる食中毒

アニサキスによる食中毒は、種々の海産魚介類の生食に起因します。魚を生で食べる機会の多い日本では馴染みの深い食中毒です。感染源となる魚類は日本ではサバの生食によるものが最も多く、その他アジ、イカ、イワシなどがあります。

★アニサキスによる食中毒の予防は次の方法があります。
①加熱処理(中心温度が60℃、1分間以上で死滅します)
②凍結処理(-20℃以下、24時間以上)
③新鮮なうちに内臓を取り除く(鮮度が落ちると内臓から筋肉の部分に移行する傾向があります)

アニサキスの食中毒予防について、厚生労働省ホームページでも紹介されています。
アニサキスによる食中毒予防を予防しましょう(厚生労働省)



お問い合わせ

福祉保健部 富山市保健所 生活衛生課監視係
電話番号 076-428-1154
Eメール hokenjyoeise-01@city.toyama.lg.jp