本文へジャンプ
English中文한글Português
サイトマップ音声読み上げ・文字拡大ご意見・ご要望
富山市
文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
 

法人番号:9000020162019        
  
ホーム市民の皆さま事業者の皆さま観光・みどころまちづくり・市政
現在位置:HOMEの中の市民の皆さまの中の健康管理・病気治療の中の富山市保健所の中の食品から豚肉(内臓を含む)を生食用として販売・提供することが禁止になりました

豚肉(内臓を含む)を生食用として販売・提供することが禁止になりました

お問い合わせ先
保健所生活衛生課
電話番号  076-428-1154
hokenjyoeise-01@city.toyama.lg.jp
組織別業務案内
ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?



 

1、豚肉(内臓を含む)を生食用として販売・提供することが禁止になりました

豚肉(内臓を含む)を加熱せず喫食するとE型肝炎のほか、サルモネラ属菌、カンピロバクター・ジェジュニ/コリ及び寄生虫等の食中毒のリスクがあります。
豚肉(内臓を含む)は、豚の食肉の中心部の温度を63℃で30分間以上加熱することと同等以上の加熱、例えば、中心部の温度を75℃で1分間以上加熱殺菌してから食べましょう。

食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件について食安発0602第1号平成27年6月2日 (95kbyte)pdf

厚生労働省告示第289号(平成27年6月2日)  (397kbyte)pdf 

Q&A  (110kbyte)pdf

施行日は平成27年6月12日です。


厚生労働省ホームページ 「お肉はよく焼いて食べよう」
参照ください。  クリックしてください
。 


2、豚の食肉を直接一般消費者に販売する事業者様へ
一般消費者が豚の食肉を中心部まで十分に加熱して飲食するよう、注意喚起してください。
(1)食肉販売等を行う事業者は、加熱用である旨、調理の際に中心部まで加熱する必要がある旨、食中毒の危険性があるため生では食べられない旨等の情報提供を掲示等により行うこと。
(2)飲食店営業等を行う事業者は、加熱用である旨、調理の際に中心部まで加熱する必要がある旨、食中毒の危険性があるため生では食べられない旨等をメニューに記載する等、情報提供を行うこと。なお、上記の情報提供を行ったにもかかわらず一般消費者が生で食べている場合には、加熱して食べるよう重ねて注意喚起すること。

3、テンダライズ処理又はタンブリング処理した肉、結着・成形肉、挽肉調理品について
テンダライズ処理又はタンブリング処理した肉、結着・成形肉、挽肉調理品等の病原微生物による汚染が内部に拡大するおそれのある肉については、中心部の色が変化するまで、十分な加熱が必要であること。

4、イノシシやシカ等の食肉について
野生鳥獣であるイノシシやシカ等の食肉からE型肝炎ウイルス、食中毒菌及び寄生虫が検出されていることから、野生鳥獣を飲食に供する場合は、十分な加熱が必要であること及び、野生鳥獣肉の衛生管理の徹底について周知を図ること。
平成26年11月14日付け食安発1114第1号 (4,031kbyte)pdf

お問い合わせ

福祉保健部 富山市保健所 生活衛生課監視係
電話番号 076-428-1154
Eメール hokenjyoeise-01@city.toyama.lg.jp

印刷用にコンテンツを抽出
富山市役所 〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号 電話番号(076)431-6111(代)
【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)
前のページへ戻るページの先頭へ
プライバシーポリシーこのサイトについて窓口・受付時間地図・交通アクセスホームページに対するご感想など
立山あおぐ特等席。富山市Copyright(C) TOYAMA CITY All Rights Reserved