本文へジャンプ
English中文한글Português
サイトマップ音声読み上げ・文字拡大ご意見・ご要望
富山市
文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
 

法人番号:9000020162019        
  
ホーム市民の皆さま事業者の皆さま観光・みどころまちづくり・市政
現在位置:HOMEの中の市民の皆さまの中の健康管理・病気治療の中の富山市保健所の中のペット・動物からペットのための災害時の準備について

ペットのための災害時の準備について

お問い合わせ先
保健所生活衛生課
電話番号  076-428-1154
hokenjyoeise-01@city.toyama.lg.jp
組織別業務案内
ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?



 

災害時の大きな混乱の中、ペットを守れるのは飼い主さんだけです。
災害時にもペットと安心して過すごせるよう、普段からの準備をしましょう。

準備1.ペット用の防災用品

災害時にはペット用品が手に入りにくくなります。ペットに必要なものは、いつでも持ち出せるよう普段から用意しておきましょう。

<防災用品の例>
・ペットフードや水(少なくとも5日分できれば7日分以上)
・常備薬、療法食
・ケージ、キャリーバッグ、首輪、リード、洗濯ネット(猫の場合)
・ペット用の食器
・トイレ用品(ペットシーツ、猫砂、消臭剤など)
・タオル、ブラシ、おもちゃ
・ガムテープ(ケージの扉が開かないよう固定するなど多目的に使用)
・ペットの情報(ワクチン接種状況、既往症、健康状態、かかりつけ動物病院など)
・ペットの写真(迷子になった場合に必要)
 ※特に、ペットの命や健康にかかるものは優先して用意しましょう。 

準備2.所有者明示

災害時の混乱の中では、ペットが迷子にることもあります。飼い主を分かるようにしましょう。

<所有者明示の例>
・犬の鑑札と狂犬病予防注射済票を装着する。
・首輪やハーネスに迷子札をつける。
・マイクロチップなどを利用する。

準備3.しつけ

緊急時に迅速に非難できるように、また、他の人の迷惑にならないように基本的なしつけをしておきましょう。特に飼い主の指示でキャリーバックに入るよう慣らすことは必要です。

<迷惑にならないためのしつけ>
・「お座り」「伏せ」「待て」「おいで」などの基本的なしつけを行う。
・ケージやキャリーバックの中に入ることを嫌がらないように、日頃から慣らしておく。
・人や他の動物を怖がったり、攻撃的にならない。
・不必要に吠えない。
・決められた場所でトイレができる。

準備4.健康管理

災害時には、他のペットや人との接触が想定されます。日頃から、健康で清潔な状態を保ちましょう。

<健康管理の備え>
・狂犬病予防注射のほか、各種の感染症予防ワクチンを接種する。
・ダニやノミの駆除を行い、体を清潔に保つ。
・犬フィラリア症などの寄生虫の予防、駆除を行う。
・不妊・去勢の手術を行う。

関連情報(外部リンク)

お問い合わせ

福祉保健部 富山市保健所 生活衛生課監視係
電話番号 076-428-1154
Eメール hokenjyoeise-01@city.toyama.lg.jp
印刷用にコンテンツを抽出
富山市役所 〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号 電話番号(076)431-6111(代)
【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)
前のページへ戻るページの先頭へ
プライバシーポリシーこのサイトについて窓口・受付時間地図・交通アクセスホームページに対するご感想など
立山あおぐ特等席。富山市Copyright(C) TOYAMA CITY All Rights Reserved