本文へジャンプ
English中文한글Português
サイトマップ音声読み上げ・文字拡大ご意見・ご要望
富山市
文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
 

法人番号:9000020162019        
  
ホーム市民の皆さま事業者の皆さま観光・みどころまちづくり・市政
現在位置:HOMEの中の市民の皆さまの中の健康管理・病気治療の中の富山市保健所の中の食品からHACCP(ハサップ)について

HACCP(ハサップ)について

お問い合わせ先
保健所生活衛生課
電話番号  076-428-1154
hokenjyoeise-01@city.toyama.lg.jp
組織別業務案内
ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?



 

HACCPとは

1960年代にNASA(アメリカ航空宇宙局)が宇宙飛行中の食事の安全性を確保するために考案した食品衛生管理システムで、「Hazard Analysis and Critical Control Point」の頭文字をとってHACCPと表記します。

従来の衛生管理手法は、最終製品の抜き取り検査等により安全性を担保しようというものでしたが、HACCPは製造工程中の重要な段階を連続的に監視することによって、最終製品の安全性を担保するシステムです。
HACCPは食品の衛生管理のための国際標準として世界的に進展し地位を確立しています。

厚生労働省ホームページ(HACCP)

HACCPの7原則

1 危害分析の実施
  製造工程ごとにどのような危害要因が潜んでいるか考えてみましょう

2 重要管理点の設定
  健康被害を防止する上で特に厳重に管理しなければならない工程をみつけましょう

3 各重要管理点においての管理基準の設定
  2で決めた工程を管理するための基準を決めましょう

4 管理基準に対応するモニタリング方法の設定
  3で決めた基準が常に達成されているか確認しましょう

5 管理基準から逸脱したときの改善措置の決定
  工程中に問題点が発生した場合、修正できるよう事前に改善方法を決めておきましょう

6 検証方法の設定
  ここまでのプランが有効に機能しているのか見直しましょう

7 記録の文書化とその保管
  各工程の管理状況を記録しましょう。HACCPを実施した証拠であると同時に、原因を追究するための手助け 
  となります。

手順に沿ってHACCPに挑戦してみよう! (1,310kbyte)pdf


HACCP導入のメリット

  • クレームやロス率が下がり、品質のばらつきが少なくなる
  • 衛生管理のポイントを明確にして、記録も残すことで、従業員の経験やカンに頼らない安定した安全な製品が作れるようになる
  • 工程ごとに確認すべきことが明確になる
  • 従業員のモチベーションが上がり現場の状況が把握しやすい

お問い合わせ

福祉保健部 富山市保健所 生活衛生課監視係
電話番号 076-428-1154 
Eメール hokenjyoeise-01@city.toyama.lg.jp
印刷用にコンテンツを抽出
富山市役所 〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号 電話番号(076)431-6111(代)
【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)
前のページへ戻るページの先頭へ
プライバシーポリシーこのサイトについて窓口・受付時間地図・交通アクセスホームページに対するご感想など
立山あおぐ特等席。富山市Copyright(C) TOYAMA CITY All Rights Reserved