本文へジャンプ
富山市
 

法人番号:9000020162019

文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
現在位置:HOMEの中の市民の皆さまの中の健康管理・病気治療の中の富山市保健所の中の結核・感染症から高病原性鳥インフルエンザ

高病原性鳥インフルエンザ

お問い合わせ先
保健所保健予防課
電話番号  076-428-1152
hokenjyoyobo-01@city.toyama.lg.jp
組織別業務案内
ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?



 

鳥インフルエンザのなかでも、鶏に感染させた場合に、高率に死亡させてしまうようなものを高病原性鳥インフルエンザといいます。その原因となるウイルスは高病原性鳥インフルエンザウイルスといいます。高病原性鳥インフルエンザウイルスとしては、A/H5亜型のものとA/H7亜型のものが知られています。

鳥や動物に直接接触した場合は、手洗い、うがいをしましょう。
鶏肉や鶏卵を食べて、人が感染した例はありません。

※鳥インフルエンザについて
詳細リンク

「鳥インフルエンザについて」(国立感染症研究所感染情報センター)(外部リンク)
「鳥インフルエンザに関するQ&A」(国立感染症研究所感染情報センター(外部リンク)


1. 症状

原因となるウイルスにより異なりますが、主な症状は、突然の高熱、咳などの呼吸器症状のほか、全身倦怠感、筋肉痛などの全身症状を伴う通常のインフルエンザ症状と言われています。しかしながら、特にH5N1亜型では急速に重症肺炎からARDSに陥り死に至ることも多いと言われています。


2. 人への感染

鳥に感染するインフルエンザウイルスは、通常人に感染することはありません。しかし、感染した鳥またはその死骸と濃厚に接触(解体や調理等による血液、体液、排泄物等との接触)した場合にまれに感染することがあると言われています。


3. 予防法

野鳥からの感染防止

野生の鳥は、インフルエンザウイルス以外にも人に病気を起こす病原体を持っている可能性があります。日頃からつぎのことに注意しましょう。

  • 衰弱又は死亡した野鳥又はその排泄物を見つけた場合は、直接触れないこと。もしも触れた場合には、速やかに手洗いやうがいをすること。
  • 特に、子供は興味から野鳥に近づくおそれがありますので注意しましょう。

海外での感染防止

特に、鳥インフルエンザが流行している地域に行かれる方は注意が必要です。

  • 不用意に鳥類に近寄ったり触れたりしない。(特に、家きんが飼育されている場所、生きた鳥を販売している場所や食用に鳥を解体している場所には立ち入らない)
  • 鳥の解体や調理をしない。もしも鳥を扱った場合には必ずよく手を洗う。
  • 十分に加熱された鳥肉、卵などを食べる。

※日本に入国する際、発熱や咳など体調に異状がみられたら、検疫所の健康相談室に申し出てください。


4. 日本の現状と国の対応(関連サイト)


5. 県内の相談窓口一覧

鶏の防疫対策に関する相談、異常鶏を発見した場合の連絡先

富山県東部家畜保健衛生所(外部リンク)
(富山市、魚津市、滑川市、黒部市、舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町)
電話番号 076-479-1106
FAX番号 076-479-1140


富山県西部家畜保健衛生所(外部リンク)
(高岡市、射水市、氷見市、砺波市、南砺市、小矢部市)
電話番号 0763-33-2315
FAX番号 0763-33-6320


鶏肉や卵など食品衛生に関する相談

富山県厚生部食品生活衛生課
電話番号 076-444-3230(平日のみ)

県内各厚生センター(外部リンク)


人の健康に関する相談

富山県厚生部健康課
電話番号 076-444-4513(平日のみ)

富山市保健所保健予防課
電話番号 076-428-1152(平日のみ)

県内各厚生センター(外部リンク)


お問い合わせ

福祉保健部 富山市保健所 保健予防課 結核・感染症係
電話番号 076-428-1152
Eメール hokenjyoyobo-01@city.toyama.lg.jp


印刷用にコンテンツを抽出

ページの先頭へ

前のページへ戻る

富山市役所

〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号

電話番号(076)431-6111(代)

【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)

立山あおぐ特等席。富山市