本文へジャンプ
English中文한글Português
サイトマップ音声読み上げ・文字拡大ご意見・ご要望
富山市
文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
 

法人番号:9000020162019        
  
ホーム市民の皆さま事業者の皆さま観光・みどころまちづくり・市政
現在位置:HOMEの中の市民の皆さまの中の健康管理・病気治療の中の富山市保健所から結核の集団感染事例の発生について(平成27年1月23日)

結核の集団感染事例の発生について(平成27年1月23日)

お問い合わせ先
保健所保健予防課
電話番号  076-428-1152
hokenjyoyobo-01@city.toyama.lg.jp
組織別業務案内
ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?



 

概要

 富山市在住の30歳代女性が平成26年9月に結核と診断されたため、この女性と接触のあった者に対し健康診断を実施したところ、これまでに、発病者9人、感染者16人を確認しました。厚生労働省が定める「結核集団感染」事例に該当することになりましたので、次のとおりお知らせします。

〈結核集団感染とは〉
 同一の感染源が、2家族以上にまたがり、20人以上に結核を感染させた場合をいい、発病者1人を6人の感染者に相当するものとして感染者数を計算するもの。(平成19年3月29日付け厚生労働省結核感染症課長通知)


1. 初発患者の発生状況

(1)患者 市内在住の女性(30歳代:外国籍)

(2)経過 平成26年3月頃   咳が出現した。
      平成26年9月29日 咳が継続するため医療機関を受診したところ、
                    結核と診断された。同日医療機関より富山市保健所
                      に結核発生届が届出された。
      平成26年10月1日 結核専門病院に入院し治療が開始された。病状は
                    順調に軽快し、現在は通院治療中である。

2. 接触者健康診断

(1)対象者 初発患者が勤務する事業所関係者 

(2)経 過 平成26年10月3日より接触が濃厚な者から順次健康診断(問診、血液検査、
       必要に応じ胸部X線撮影検査)を実施した。

(3)結 果 平成27年1月23日時点の発病者・感染者の状況
        対象者110人
        発病者9人(うち、外国籍5人)※
        感染者16人(うち、外国籍11人)※
        異常なし85人
        
        ※発症者は全員通院治療中である。
        ※感染者のうち10人は発病リスクを減らすため通院中である。


3. 今後の対応

・血液検査で異常が無かった者(接触者健康診断の結果「異常なし」とした85人)に対し、2回目の検査を実施する。
・服薬治療を受けていない感染者6人に対し、定期的に経過観察を行う。
・発病者及び服薬治療を受けている感染者に対し、治療中断を防ぐため服薬支援を行う。


4. 市民の皆さまへ

結核は過去の病気と思われがちですが、現在も国内で年間約2万人の方が結核を発病し、約2千人が亡くなっている重大な感染症です。本市では、平成25年に50人の方が結核を発病しています(潜在性結核感染症患者(※)を除く)。早期に発見し治療すれば治る病気です。
≪早期発見のポイント≫
結核の主な症状は、咳・痰・発熱・倦怠感(だるさ)・胸痛などで風邪の症状と似ています。咳が2週間以上続くなど長引くときは、医療機関を受診しましょう。
本市では65歳以上の方を対象に、肺がん検診と併せて感染症法に基づく結核検診を行っています。また、会社にお勤めの方は事業者が行う定期健康診断を受診しましょう。

※感染者で治療を受けている者


5. 関連サイト


お問い合わせ

富山市福祉保健部 保健所保健予防課 結核・感染症係
電話番号 076-428-1152 ファクシミリ 076-428-1150
Eメール hokenjyoyobo-01@city.toyama.lg.jp

印刷用にコンテンツを抽出
富山市役所 〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号 電話番号(076)431-6111(代)
【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)
前のページへ戻るページの先頭へ
プライバシーポリシーこのサイトについて窓口・受付時間地図・交通アクセスホームページに対するご感想など
立山あおぐ特等席。富山市Copyright(C) TOYAMA CITY All Rights Reserved