本文へジャンプ
富山市
 

法人番号:9000020162019

文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
現在位置:HOMEの中の市民の皆さまの中の健康管理・病気治療の中の富山市保健所の中の結核・感染症から海外へ渡航される方へ

海外へ渡航される方へ

お問い合わせ先
保健所保健予防課
電話番号  076-428-1152
hokenjyoyobo-01@city.toyama.lg.jp
組織別業務案内
ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?



 
海外で感染症にかからないようにするために、正しい知識と予防方法を身に付けましょう。

1. 海外での感染症について

・渡航先により異なりますが、最も感染の可能性が高いのは飲食物を介した感染症です。
・日本では発生していない、動物や昆虫(蚊やマダニなど)が媒介する感染症が流行している場合もあります。
・麻しん(はしか)や風しんも海外で感染することがあり注意が必要です。
 海外へ渡航する前に、これまでに受けた予防接種について確認しましょう。
 また、渡航先で予防接種が推奨される疾患のうち、まだ予防接種を受けていないものがあれば、医師に予防接種の相談をするなど、感染予防を心がけましょう。

出発前に確認しておきたい情報

・FORTH 海外へ渡航される皆さまへ(外部リンク)


2. 旅行中に注意すべきこと

海外では、日本にはないさまざまな病気があります。海外旅行では、時差や気候の違いなどから、身体はさまざまなストレスを受けます。そのため、免疫力が低下し、病気にかかりやすくなってしまいます。無理のないスケジュールを立て、体調管理を心がけましょう。
・生水・氷・カットフルーツ等の入ったものの飲食は避けましょう。
・食事は十分に加熱されたものを食べましょう。
・蚊やダニに刺されないように、服装に注意し、必要があれば虫よけ剤をつかうなど対策をしましょう。
・動物は、狂犬病などさまざまな感染症の病原体をもっていることがあります。海外ではむやみに動物にさわらないようにしましょう。

 

3.帰国時・帰宅後に体調が悪くなったら

・帰国時に発熱や咳、下痢など体調に不安を感じる場合や、動物に咬まれたり、蚊に刺されたなど健康上に心配なことがある場合は、検疫所に相談してください。
・感染症は、感染してから発症するまで数日から1週間以上かかるものもあります。帰国後、体調が悪くなったら、海外渡航をしていたことと、渡航先、症状等をあらかじめ連絡の上、早急に医療機関を受診しましょう。

参考になるリンク

・外務省
 海外安全ホームページ(外部リンク)

・厚生労働省 感染症情報(外部リンク)
・国立感染症研究所 感染症疫学センター(外部リンク)


お問い合わせ

富山市福祉保健部 保健所 保健予防課
電話番号 076-428-1152


印刷用にコンテンツを抽出

ページの先頭へ

前のページへ戻る

富山市役所

〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号

電話番号(076)431-6111(代)

【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)

立山あおぐ特等席。富山市