本文へジャンプ
English中文한글Português
サイトマップ音声読み上げ・文字拡大ご意見・ご要望
富山市
文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
 

法人番号:9000020162019        
  
ホーム市民の皆さま事業者の皆さま観光・みどころまちづくり・市政
現在位置:HOMEの中の市民の皆さまの中の健康管理・病気治療の中の富山市保健所の中の医療費助成から原爆被爆者

原爆被爆者

お問い合わせ先
保健所保健予防課
電話番号  076-428-1152
hokenjyoyobo-01@city.toyama.lg.jp
組織別業務案内
ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?



 

「原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律」に基づき、被爆者健康手帳の交付、医療の給付、被爆者の健康管理のための健康診断、各種手当の支給等があります。


1. 被爆者とは

被爆者とは、次の3つのいずれかに該当する人で被爆者健康手帳を所持している人をいいます。

(1)原子爆弾が投下された際、当時の広島市もしくは長崎市の区域内、またはこれらに隣接する区域内において被爆した人と、その当時その人の胎児であった人。

(2)原子爆弾が投下されてから2週間以内(広島にあっては昭和20年8月20日まで、長崎にあっては同年同月23日まで)に、救援活動、医療活動、親族探し等のために、広島市内または長崎市内(爆心地から2kmの区域内・原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律に示される区域)に立ち入った人と、その当時その人の胎児であった人。

(3)その他多数の死体処理、被爆者の援護等に従事したなど、身体に放射線の影響をうけるような事情の下にあった人と、その当時その人の胎児であった人。


2. 被爆者健康手帳

被爆者健康手帳は、富山市保健所長(市外の方は厚生センター所長)を経由して、被爆者(上記に該当する方)が、富山県知事に申請して交付をうけることになっています。
被爆者が病気やケガなどで医療を受けたとき、この手帳を健康保険の被保険者証とともに、県知事が指定した医療機関等へ持っていけば、無料で診察、治療、投薬、入院等が受けられます。


3. 健康診断(健康管理)

県知事は被爆者に対して、健康管理のための健康診断を実施しています。
定期の健康診断(年2回)と希望による健康診断(年2回 うち1回はがん検診)を実施しています。各健康診断の日程については、事前に富山市保健所(市外の方は厚生センター)から案内します。


4. 各種手当

原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律に基づき支給される手当としては、医療特別手当、特別手当、原子爆弾小頭症手当、健康管理手当、保健手当、介護手当、家族介護手当、葬祭料があります。支給要件及び申請方法等については、保健所保健予防課までお問い合わせください。


お問い合わせ

福祉保健部 富山市保健所 保健予防課保健係
電話番号 076-428-1152 
Eメール hokenjyoyobo-01@city.toyama.lg.jp 
印刷用にコンテンツを抽出
富山市役所 〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号 電話番号(076)431-6111(代)
【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)
前のページへ戻るページの先頭へ
プライバシーポリシーこのサイトについて窓口・受付時間地図・交通アクセスホームページに対するご感想など
立山あおぐ特等席。富山市Copyright(C) TOYAMA CITY All Rights Reserved