本文へジャンプ
English中文한글Português
サイトマップ音声読み上げ・文字拡大ご意見・ご要望
富山市
文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
 

法人番号:9000020162019        
  
ホーム市民の皆さま事業者の皆さま観光・みどころまちづくり・市政
現在位置:HOMEの中の市民の皆さまの中の健康管理・病気治療の中の富山市保健所の中の結核・感染症からダニによる感染症について

ダニによる感染症について

お問い合わせ先
保健所保健予防課
電話番号  076-428-1152
hokenjyoyobo-01@city.toyama.lg.jp
組織別業務案内
ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?



 

ダニ類による感染症に注意しましょう

 ダニ類(マダニやツツガムシなど)に咬まれることによって、感染する病気があります。草むらや藪など、ダニが多く生息する場所に入る場合には、咬まれないように注意しましょう。

ダニ類に咬まれないために
 ①草むらや藪などに入る場合は、腕・足・首など肌の露出を少なくしましょう。
  ・長袖、長ズボンを着用しましょう。
   (シャツの裾はズボンの中に、ズボンの裾は靴下や長靴の中に入れましょう。)
  ・足を完全に覆う靴(サンダル等は避ける)、帽子、手袋を着用し、首にタオルを巻く等しましょう。
 ②屋外作業後の上着や作業着は、家の中に持ち込まないようにしましょう。
 ③屋外活動後は、シャワーや入浴で、体にダニが付いていないか確認しましょう。

ダニ類に咬まれた場合
 ①屋外でダニに咬まれた後に、発熱等の症状が出たときは、医療機関を受診して、適切な処置を受けましょう。
 ②体に吸血中のダニが付いていた場合には、無理にはがさず、医療機関で処置をしてもらいましょう。 


1.重症熱性血小板減少症症候群(SFTS)

原因となるダニ類:マダニ(フタトゲチマダニなど)
潜伏期間:6日~2週間
主な症状:発熱、消化器症状(食欲低下、嘔気・嘔吐、下痢、腹痛)、頭痛 など


2. 日本紅斑熱

原因となるダニ類:マダニ(フタトゲチマダニなど)
潜伏期間:6~8日
主な症状:頭痛、発熱、倦怠感、発疹 など


3.ライム病

原因となるダニ類:マダニ
潜伏期間:10~14日
主な症状:咬まれた部位の赤い斑点あるいは丘疹、筋肉痛、関節痛、頭痛、発熱、倦怠感 など


4.ツツガムシ病

原因となるダニ類:ツツガムシ
潜伏期間:5~14日
主な症状:発熱(38℃~40℃)、頭痛、筋肉痛、全身倦怠感、発疹 など

 

5. 関連サイト



お問い合わせ

富山市福祉保健部 保健所保健予防課 結核・感染症係
電話番号 076-428-1152 ファクシミリ 076-428-1150
Eメール hokenjyoyobo-01@city.toyama.lg.jp

印刷用にコンテンツを抽出
富山市役所 〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号 電話番号(076)431-6111(代)
【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)
前のページへ戻るページの先頭へ
プライバシーポリシーこのサイトについて窓口・受付時間地図・交通アクセスホームページに対するご感想など
立山あおぐ特等席。富山市Copyright(C) TOYAMA CITY All Rights Reserved