国民年金保険料のお知らせ タイトル

国民年金保険料免除および
納付猶予制度について

国民年金保険料免除制度

 本人、配偶者および世帯主の前年の所得(1月から6月までの保険料については前々年の所得)が下記の所得基準額以下の方は、申請して承認されると保険料が免除されます。

●免除の所得基準額など(平成30年度)

免除区分 承認期間中の保険料月額 所得基準額
全額免除 0円 35万円×(扶養親族等の数+1)+22万円
4分の3免除 4,090円 78万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等
半額免除 8,170円 118万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等
4分の1免除 12,260円 158万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

※免除された保険料に応じて、老齢基礎年金の受給額が一部減額されます。
※免除の承認を受けた場合(全額免除を除く)でも、納付すべき保険料を納付しないと、未納期間となります。
※所得基準額を超えていても、失業中などの理由があれば、免除が承認される場合があります。

納付猶予制度

 50歳未満の方で、本人および配偶者の前年の所得(1月から6月までの保険料については前々年の所得)が所得基準額以下の方は、申請して承認されると保険料を後払いできます。

●納付猶予の所得基準額

35万円×(扶養親族等の数+1)+22万円

※所得基準額を超えていても、失業中などの理由があれば、納付猶予が承認される場合があります。

免除・猶予申請について

◆対象
経済的な理由などで保険料の免除・猶予を希望される方
◆申請場所
保険年金課(市役所1階)および各行政サービスセンター地域福祉課
◆必要なもの
年金手帳など基礎年金番号がわかる書類、印鑑、失業中の方は「離職票」など
◆免除・猶予が受けられる期間
申請月の2年1カ月前から平成31年6月まで

※免除・猶予の承認期間は7月から翌年6月までです。
※任意加入されている方は対象外です。
※学生で国民年金保険料の納付が困難な場合は、「学生納付特例制度」を利用してください。

イラスト:ご案内

保険料の追納について~後から納めることもできます~

免除や納付猶予の承認を受けた場合、将来受け取る年金額が少なくなります。10年以内であれば追納(後から保険料を納付すること)ができます。
※免除の承認を受けた期間の翌年度から数えて3年度目以降に追納をする場合は、当時の保険料額に一定額が加算されます。追納を希望する場合は、日本年金機構富山年金事務所へ相談してください。

▶免除および納付猶予制度について
お問い合わせ
保険年金課 電話:443-2067
各行政サービスセンター地域福祉課
大沢野 電話:467-5811 大山 電話:483-1214 八尾 電話:455-2461 婦中 電話:465-2114
▶免除の審査や保険料の追納について
お問い合わせ
日本年金機構富山年金事務所 電話:441-3926
ホームページ http://www.nenkin.go.jp