食中毒に注意しましょう

食中毒は、家庭での食事においても発生します。
家庭で発生した食中毒は気付かれにくく、重症化することもあるため注意が必要です。

お問い合わせ 保健所生活衛生課 電話:428-1154

食中毒予防の三原則

細菌をつけない・ふやさない・やっつける

家庭でできる以下の「6つのポイント」を実践し、食中毒を予防しましょう。

イラスト:食品を購入する人

1 食品の購入

  • 消費期限などの表示を確認する。
  • 肉と魚はそれぞれ分けて、できれば保冷剤と一緒に包んで持ち帰る。
  • 食品の鮮度を保つため、購入後は寄り道をせずに帰る。
イラスト:冷蔵庫にいれる人

2 家庭での保存

  • 帰宅したらすぐ、食品を冷蔵庫に入れる。
  • 冷蔵庫内は10℃以下、冷凍庫内は-15℃以下に設定し、食材を詰めすぎない(7割程度が目安)。
  • 肉や魚は、汁がもれないよう包んで保存する。
イラスト:下準備する人

3 下準備

  • 冷凍した食品の解凍は、冷蔵庫の中で行う。
  • 野菜はよく洗い、調理前の肉や魚から離しておく。
  • こまめに手を洗い、タオルやふきんは定期的に交換する。
  • 肉や魚を切った包丁などは、洗浄後に熱湯や塩素系漂白剤で消毒する。
イラスト:調理する人

4 調理

  • 作業前に手を洗い、台所は清潔にする。
  • 食品は中心部まで十分に加熱する。
  • 電子レンジを使用する場合は、均一に加熱する。
イラスト:食事をする人

5 食事

  • 食事の前に手を洗う。
  • 清潔な器具や食器を使って盛り付ける。
  • 食品を常温で長時間放置しない。
  • 作った料理は早めに食べる。
イラスト:残った食品

6 残った食品の処理

  • 食品を小分けにし、冷まして冷蔵庫に入れる。
  • 温め直す場合は、十分に加熱する。
  • 時間が経ち過ぎた食品は、思い切って捨てる。