写真:認知症になっても暮らしやすい地域づくり タイトル

認知症になっても暮らしやすい地域づくり

お問い合わせ 長寿福祉課 電話:443-2150

 認知症は誰にでも起こりうる脳の病気であり、現在65歳以上の約7人に1人が認知症で、2025年には約5人に1人が認知症になるといわれています。
 地域全体で認知症高齢者を支え合い、安心して生活できるまちを目指しましょう。

認知症高齢者やその家族をサポートしています

●認知症サポーター

 認知症サポーターとは、認知症について正しく理解し、認知症の人とその家族を見守る応援者です。
 講座を受講することで、誰でも認知症サポーターになることができます。

●認知症高齢者徘徊SOS緊急ダイヤル

 認知症による徘徊またはそのおそれのある方を事前に登録し、徘徊はいかいに気づいた時に専用ダイヤルに連絡すると、看護師や専門スタッフが24時間365日体制で対応し、協力団体へ情報を配信します。

富山市認知症高齢者見守りネットワークのステッカー

●認知症高齢者見守りネットワーク

 認知症の方やその家族を理解し、地域であたたかく見守る団体や事業所が登録するネットワークです。
 「富山市認知症高齢者見守りネットワークステッカー」は、登録している協力団体の目印です。

●成年後見制度

 「成年後見制度」とは、認知症や知的障害、精神障害などの理由で判断能力が不十分な方が、安心して日常生活を送ることができるように支援する制度です。
 援助者は家庭裁判所で選ばれ、本人の意思を尊重しながら、財産管理や契約の代行などを行い、本人の権利を保護します。


 身寄りのない方、申立手続きを行うことができない方、経済的な理由で後見人などの報酬を支払うことが困難な方は、ご相談ください。

お近くの地域包括支援センターへ気軽に相談してださい。

認知症カフェの設立資金を助成します

お問い合わせ 長寿福祉課 電話:443-2150

 新たに認知症カフェを設立する事業者などに対し、認知症カフェ設立資金への助成を開始しました。

対象者
新たに認知症カフェを設立する個人または団体など
対象経費
認知症カフェの設立に要する経費(人件費を除く会議費、消耗品費、物品購入費など)

※第1回目のカフェが開催された日が属する年度および、その前年度の2カ年の間に発生したものとします。
※設立前に事前計画書の提出が必要です。要件や手続き・提出書類などについての詳細は、問い合わせてください。

◆認知症カフェとは

 認知症の人や家族、地域の人々、医療・介護の専門職など、誰もが気軽に参加でき、交流や情報交換をする場です。
 高齢者の認知症状の悪化予防、その家族の介護負担軽減や、地域での認知症啓発を目的としています。