郷土博物館の概要

沿 革

富山市郷土博物館(富山城)は、昭和29年に戦災復興事業の完了を機に開催された、富山産業大博覧会の記念建築物として建設されました。3重4階建ての城郭を模した建物で、博覧会の会期中は「美の殿堂」として各種展覧会が開催され、終了後の同年11月、郷土博物館として開館しました。以来、半世紀にわたって郷土の歴史・文化を紹介する博物館として活動を行ってきました。平成15年からは、約2年半にわたって耐震改修工事およびディスプレイ整備を行い、同17年11月、中世以来の富山城の歴史を紹介する博物館としてリニューアルオープンしました。また、建設から50年目にあたる平成16年には、富山市のシンボルとして、戦災復興期を代表する建築物として、国の登録有形文化財に登録されています。


郷土博物館外観

展示室
館内平面図                      
1 情報コーナー
2 受付(券売所)
3 モニュメント展示
4 エレベーター
5 自動販売機
6 コインロッカー
7 受付
8 販売コーナー
9 男子トイレ
10 女子トイレ
11 多目的トイレ
12
13
14
15
常設展示室
16 企画展示室
17 天守展望台へ

 

展示内容
戦国時代に築城されてから明治時代以降の城址の変遷に至るまで、400年以上にわたる富山城の歴史を紹介しています。
      
展示室風景1 富山城研究の現在

発掘調査が進む富山城址。地面の下に眠る富山城の情報、そして新たな関連資料の発見など富山城研究の最新情報を紹介。

展示室風景2 中世の富山城

天文12年(1543)、神保長職によって築かれた富山城。そして、富山城をめぐり繰り広げられる一向一揆や、上杉謙信、武田信玄ら戦国武将たちの攻防。織田信長の家臣として入城した佐々成政。天正13年(1585)、豊臣秀吉の征討をうけ、破却された富山城。

展示室風景3 近世の富山城

近世富山城を整備した前田利長。大火で焼失した後、元和元年(1615)の一国一城令により一旦廃城。寛永16年(1639)の富山藩分藩に伴い、初代藩主前田利次が入城。その後、明治時代に至るまで、富山前田家13代の居城となった富山城。
      
展示室風景4 近現代の富山城址

明治6年(1873)に廃城となった富山城。その後、解体と同時に新たな街並みへと変貌を遂げていった富山城跡。戦災復興のシンボルとして建設された天守閣。

富山城の歴史の中で、何が分かっていて、何がわかっていないのか。
歴史資料に基づいて綴られていく歴史体験「富山城ものがたり」―

企画展示室では富山城に関連するミニ企画展を随時開催するほか、常設展示部分でもテーマを変えるなど、逐次展示替えを行っています。
現在、城址公園内では富山市埋蔵文化財センターによる試掘調査が進んでいます。センターのホームページでは、こうした考古学的調査にもとづく富山城研究の成果を紹介しています。

「富山城研究」コーナー 富山市埋蔵文化財センター「富山城研究コーナー」へ(別ウインドウで開きます)
 
富山城ツアーのご案内
ホームへ