佐藤記念美術館企画展案内
佐藤記念美術館企画展案内 【この展覧会は終了しました】

企画展「佐藤助庵の眼」



 当館創設者の佐藤助九郎(助庵、1896~1979)は、富山県砺波市に生まれま

した。大正7年に早稲田大学を卒業後、家業の土木建設業を継ぎ、実業家とし

て手腕をふるうかたわら、昭和14年からは貴族院議員を務め、戦後も地方政財

界の要として活躍しました。

 一方で助九郎は、漢詩、俳句、書画などを善く嗜んだ風流人としても知られ

ています。とくに茶の湯には熱心に取り組み、裏千家14代淡々斎から「宗越」

の茶名を受けています。また、斯界の大御所として知られた松永耳庵翁を師と

仰ぎ、館内にある茶席名の由来となった「助庵」の号を拝領しています。晩年

は富山市呉羽山麓に「呉山窯」を興し、自らやきものの道を追及しました。

 本展では、助九郎が生前に蒐集した書画、陶磁器、木工品などの中から、と

くに評価の高い作品を展示し、助九郎の卓越した審美眼と、その蒐集の足跡を

振り返ります。



◇ 会    期	平成30年11月10日(土)~平成31年2月11日(祝月)
		
◇ 休 館 日	12月3日(月)、12月28日(金)~1月4日(金)		

◇ 開館時間	午前9時~午後5時(入館受付午後4時30分まで)

◇ 場    所	富山市佐藤記念美術館

		→交通アクセスはこちら  
 		
	     
◇ 観 覧 料	一般 210円 
高校生以下無料

チラシ(表)  / チラシ(裏)